大人たちに任せていても希望がない|東京都第9区|山本さき

こんにちは。山本さきです。

大泉学園駅で街頭演説をさせていただいた時のこと。

演説中、16歳の女子高生が立ち止まってくださいました。

学校でも政治について学んでいるそうですが、

『今の大人たちに任せてたら、未来に希望がもてないと思って。』

と、ご自身でも情報収集し勉強しているそうです。

こんな風に声をかけてくださる学生さんが結構います。

自分たちの未来をしっかりと考えている中学生・高校生がたくさんいるんです。

そのことを我々大人は知るべきですし、子供たちのためにも選挙権を行使するべきだと思いませんか。

そして、もしお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、お子さんと政治について話をしてみてほしいんです。

お子さんの考えを知れる面白い発見になると思います。

1989年(平成元年)練馬区生まれ。練馬区在住。 小~中学生の約7年間を、みどり豊かな三重県で過ごす。高校卒業後、自分のやりたい事とは何か。使命とは何かを模索し続け、様々な仕事を経験。30歳の時、世界三大伝統医学であるアーユルヴェーダに出会い、その深い叡智に感銘を受ける。食事や心身のデトックスにより、自身の肌荒れ、便秘、冷え性など様々な不調が改善。現在、アーユルヴェーダセラピストとして人々の健康づくりをサポート。ヒトが本来もっている免疫力のチカラ。そして、“自然との調和”を大切にしています。

山本さき
東京第9区国政改革委員
東京都城北支部連合会